統合と仮想化

ファブリック ベース アーキテクチャの利点

アーキテクチャに制約があると、統合と仮想化に支障が出てしまいます。(PDF - 625 KB)[英語]

ファブリック ベース アーキテクチャの利点

データセンターのインフラストラクチャを効率化

コストを削減して IT サービスの導入を迅速化する一方で、優れたパフォーマンス、可用性、セキュリティ、拡張性を実現します。シスコは、データセンターの統合と仮想化に向けた幅広いソリューションを提供します。物理環境、仮想環境、クラウド インフラストラクチャを管理する、より効率的な統合アプローチについてご検討ください。

サーバの仮想化

シスコの統合アプローチに基づくサーバの仮想化により、Cisco UCS を使用してコスト効率、柔軟性、管理性を向上させます。

RISC/UNIX の移行

シスコの統合アプローチに基づき Cisco UCS で RISC/UNIX を移行して、コストを削減、柔軟性を向上させ、アプリケーションを最新にします。