データセンターと仮想化

コストの削減と運用の簡素化

シスコ ユニファイド データセンター アーキテクチャは、IT サービスの設計、運用、提供に対する全体的なアプローチを備えています。このアプローチにより、IT では既存のテクノロジー サイロを簡単に統合することができ、以下のメリットが得られます。

  • ビジネス ニーズへの迅速な対応
  • 設備投資と運用費の削減
  • IT 運用の簡素化

シスコ ユニファイド データセンターは、企業やサービス プロバイダーの環境で非常に柔軟なアーキテクチャを提供します。この統合フレームワークは、以下に示すようなデータセンターの多様な目的に対応します。

  • 統合と仮想化
  • プライベート クラウド コンピューティング
  • サービスとしてのアプリケーションまたはインフラストラクチャ
  • Big Data(巨大データ)

実証済みのビジネス価値の実現

シスコでは、データセンター ポートフォリオのコンポーネントを 2007 年から出荷しています。その間、多数のお客様から推薦のお言葉をいただいており、シスコのデータセンター ソリューションによって次のようなビジネス価値がもたらされることが実証されています。

  • NTT データでは、社内情報システム基盤を仮想化・統合化することで TCO を約 50% 削減
  • 鉄鋼メーカーである山陽特殊製鋼では、PC のシンクライアント化によって効率的な運用、柔軟な増強に対応
  • NEC ビッグローブでは、仮想サーバリソースをオンデマンドで利用できるクラウド サービスについて99.99 %の稼働率を実現

その他多くのお客様が、シスコのデータセンター ソリューションを使用してビジネス価値を高め、利益をあげています。

その他のケース スタディを読む

リソース

ケース スタディ

クラウド コンピューティング戦略の展開

ソフトウェアとプラットフォームをサービスとしてデリバリすることで、コストを削減して運用を簡素化します。

詳細はこちら

エネルギー効率に優れたファブリックの使用

IEEE イーサネット帯域幅とネットワーク管理を改善し、電力消費量を削減します。

ホワイト ペーパーを読む