Interview
社員一人ひとりのパフォーマンスを高め、
健やかに成長できる会社を目指して
ビアテイストの清涼飲料水メーカーとして 1905 年に創業したホッピービバレッジは、その人気を発祥の地である東京(赤坂)から関東一円、そして日本全国へと着実に広げ、ついにはグローバルにも事業を展開するまでに成長している。
「ホッピーなくしてはいられない」という存在を目指す同社が新たに取り組んだのは、社員一人ひとりの力をより引き出し、人生を豊かにするための働き方の変革だった。
代表取締役社長の石渡美奈氏は、今回の取り組み、そしてシスコへの思いを熱く語る。
会社の
目指す姿 小さい会社でも、仕事の量は大企業と変わらない
限られた時間をもっとお客様のために使える
そういう会社になることが生き残りのカギに
「先代の社長までの時代が、モノを作れば売れる時代だったとすると、今は良いモノを作るのは当たり前で、そこにプラス アルファの価値を提供することが求められる時代になったと言えるでしょう。そんな中で中小企業である私たちが生き残っていくためには、他社には真似のできないものを身に着けていく必要があります。それは企業の文化、風土であり、つまりは人を集め、社員を育てていくことです。お客様にホッピービバレッジなくしてはいられないという存在になることが究極の生き残り策だと思っていて、それをどのように実現していくかを常に考えています。」
「小さい会社ではあっても、法人として存在するからには、大企業と同じだけ仕事の量があります。だからこそ、効率よく働ける環境を整え、一人ひとりのパフォーマンスを上げていきたいんですね。小さい会社だからこそ、文明の利器をもっと活用して、今ある限られた時間を有効に使い、お客様のためにもっと時間を使えるようになる、そういう会社になっていかなければいけないと思っています。今回導入したシスコのコラボレーション ソリューションは、こうした思いを実現していくための基盤として、重要な役割を果たすことになります。」
石渡 美奈 様
代表取締役社長
石渡 美奈 様
代表取締役社長
統括ゼネラルマネージャー 
大森 啓介 様
より真摯に業務に取り組める環境へ
新しいことにもチャレンジしていく
統括ゼネラルマネージャー
大森 啓介 様
当社の創業理念のうちの 1 つが「天然ものへのこだわり」です。お客様に対してはもちろん、社内でも誠実に、ごまかすことがないようにすることは社員全員の心得です。電話だからいいかげんになるわけではありませんが、伝わりにくい場合もありますし、表情がわからないことへの不安もあると思います。今回導入したシステムはそこが大きく変わるので、より自分の仕事に責任を持ち、一生懸命取り組めるようになるのではないかと期待しています。また、声だけよりも顔を見て褒められるほうがうれしいですから、そうしたモチベーションの高揚にも役立つでしょう。
このシステムを導入したのは、単に楽をするためではなく、コミュニケーションの大切さを伝え、社長が社員一人ひとりを思ってのことだと感じています。そうした社長の思いを理解して、しっかり活用していくことが大切です。
営業部門長 兼
第5.5ビジネスモデル推進営業部長
藤咲 正 様
スピード感が大きく変化
コミュニケーションのレベルも向上
営業部門長 兼
第5.5ビジネスモデル推進営業部長
藤咲 正 様
製造現場でもいろいろな状況があり、営業に伝えいたいこともたくさんあると思っています。今までは工場まで行かなければできなかった打ち合わせを、移動時間をかけずにすぐ行えるので、お互いが積極的に話すことができるようになりました。電話ではできない、お互いの顔を見ながらの会話によって、営業と製造の連携が強まっていくと期待しています。
また、若い社員の時間をもっと大切にして有効に使えるようにすることや、適切なタイミングで報告や指導が行いやすくなることもメリットです。電話やメールでは難しいお客様のニュアンスが伝わりますし、お互いの思い込みで誤解してしまうこともなくなります。こちらも、どのように言えば明瞭に指導できるか、レベルアップしていかなければいけないと感じますね。
課題〜
導入の経緯 「相手の顔が見える」ことはとても大事
質の高いコミュニケーションを支える
シスコ コラボレーション ソリューション
「私も海外出張が増えてきて、社員と電話で話しているときに、電話の向こうの彼らはどんな表情をしているのだろうと気になっていました。朝オフィスに入って、ぱっと目に飛び込んでくる皆の態度や服装などもそうですが、視覚的に得られる情報は多いわけです。やっぱり、顔が見えるということはものすごく大事で、それが社員をマネジメントしていく次の一手につながります。」
「以前は、数十人規模の会社にもかかわらず、お互いの顔もよく覚えていない、コミュニケーションが不十分な環境だったんですね。社内の連携という点では生産管理でも課題があり、お客様と相対する営業の現場と、生産を担う工場の現場で足並みが揃わず、お客様にご迷惑をかけてしまうこともありました。ホッピーという商品は、ありがたいことに代わりがないので、お客様の生活や楽しみを守るためにも商品をきちんと届けなければなりません。改善のための取り組みを進め、その一環としてビデオ会議システムも導入してきましたが、使い勝手が良くない、タイムラグがある、不安定、画像が荒れたりする、という具合で活用しづらい面が多々あったんです。
ですから、いかに質の高いコミュニケーションをするか? ということにはもともと関心があり、それを満たしてくれるのがシスコのコラボレーション ソリューションだったということですね。これがあれば、労働環境を改善できる、いろいろな勤務体系を実現できると、今まで思い描いていたことが具体的にイメージできて、今後の展開がぱっと拓けたんです。」
効果〜
期待 無駄な移動を省き、
一人ひとりのパフォーマンスを上げる
そこで生まれる時間には大きな価値がある
「営業担当は 1 人ずつ上司と日報のチェックを行うなど、業務の特性上どうしても夜遅くまでかかってしまうことが多くあります。女性が多い職場でもあるので、あまり帰りが遅くなるのは安全管理上の課題でもありました。
また、私を支えてくれているゼネラルマネージャーと営業部長は特にそうですが、社員の誰もが頭を使い、体力を使い、仕事の量は増えていく状況にあって、その都度工場まで行かなければ打ち合わせできないとか、会社にいなければ残務処理や翌日の準備もできないというのはよくないと思っていました。ちょうど産休から復帰して、育児と仕事の両立に取り組む社員もいるので、シスコ ソリューションは大きな効果をもたらしてくれると期待しています。ゼネラルマネージャーと営業部長の自宅にも、これを機にテレプレゼンス端末を置くことにしました。」
「お客様のところへいち早く行ける、1 日に訪問できるお客様が増える、明るい(安全な)時間に帰れる、家族と食事や団らんをする、語学や習い事に取り組む……単にフェイス トゥ フェイスのコミュニケーションができるというだけでなく、シスコ コラボレーション ソリューションの活用で生まれる一人ひとりの時間には大きな価値があります。その 1 時間の重みが違うんですね。だから、今回の取り組みは社員一人ひとりの人生が変わる、社員の人生を豊かにするための革命なんだということを、きちんと発信して、伝えていきたいと思っています。」
今後〜
シスコへの
メッセージ 勇気を持って、果敢にチャレンジを続けていく
シスコには中小企業にも頼もしい
サポーターであってほしい
「今回、これだけのシステムを導入するのは大きな決断でした。会社としてのインフラが大きく変わるので、社員にもその価値を理解してもらうことは重要です。
社員が心身ともに健やかに成長できる会社となり、そしてそんな社員と接するお客様が嬉しいと思っていただける会社を目指すとき、何をしなければいけないのか? ということを社員が理解して、協力してくれたからこそ、導入から今まで順調に進んでいるのだと思います。
シスコ コラボレーションを使い始めてから、本当に社内の雰囲気が変わってきたことを実感しています。これからも安心して、勇気を持って、果敢にチャレンジしていくためにも、シスコには我々のような中小企業にも頼もしいサポーターであってほしいですね。」