アクセス ワイヤレス向け Cisco ONE 製品番号

最新の製品情報を継続的に取得

ワイヤレス アクセス向け Cisco ONE データ シートのこの付属ページには、ハードウェア コンポーネント、ソフトウェア ライセンス、およびサービスの製品番号が記載されています。

アクセス ワイヤレス向け Cisco ONE のソフトウェア製品は、ハードウェアとは別個に柔軟に発注できるようになっています。ソフトウェアとハードウェアはサポート プロセスが異なります。

表 1 には、Cisco ONE ソフトウェアを購入する際のガイドを異なるシナリオごとに記載します。

表 2 に、ワイヤレス向け Cisco ONE のハードウェア製品の発注情報を示します。

表 3 に、ワイヤレス向け Cisco ONE のソフトウェア製品の発注情報を示します。

表 2 のハードウェアを発注する場合は、表 3 の適切なソフトウェアが設定可能なオプションとして表示されます。提供されているライセンス以外に追加ライセンスを発注する場合は、特殊注文番号「C1-AIR-K9」を使用します。

表 3 の "Midcycle Refresh Discounted" 製品番号の使用は、2 年以内に購入したデバイスでこのソフトウェアを使用する予定であり、主力製品を現在所有していることが前提条件になります。ワイヤレスの場合、主力製品は既存の AP ライセンスか Cisco Prime Infrastructure ライフサイクル ライセンス(またはその両方)になります。これらの条件を満たしている場合は、注文番号として「C1-AIR-UPG」を使用します。

表 4 と表 5 には、サポートおよびプロフェッショナル サービスの発注情報を記載します。表 6 には、Cisco ONE ソフトウェアを購入するメリットをすべて享受するために必要となる場合がある、追加ソフトウェアの一覧を示します。

表 1:Cisco ONE ソフトウェア購入ガイダンス

使用例 発注方法
新しい購入を開始し、ハードウェアとソフトウェアを同時に注文する。 ハードウェア製品番号を入力します。入力すると、適切なソフトウェア製品番号が、設定可能なオプションとして表示されます。
従来のモデルのハードウェア プラットフォームを 2 年以内に購入しており、対象ソフトウェア ライセンスを所有している。ワイヤレスの場合の対象ソフトウェアについては、“発注方法の項で説明します。”Cisco ONE ソフトウェアへのアップグレードを希望している。 バンドル注文番号 「C1-AIR-UPG」を入力します。この番号により、ソフトウェアをハードウェアとは別に購入でき、対象ソフトウェア ライセンスに基づく価格割引が適用されます。
対象ソフトウェア:
  • ワイヤレスの場合、主力製品は既存のアクセス ポイント ライセンスか Cisco Prime? Infrastructure ライフサイクル ライセンス(またはその両方)になります。
従来のモデルのハードウェア プラットフォームを 2 年以内に購入しており、Cisco ONE ソフトウェアへの移行を希望している。 バンドル注文番号 「C1-AIR-K9」を入力します。この番号により、ソフトウェアをハードウェアとは別に購入できます。
既存の Cisco ONE Software Foundation のお客様として、Advanced レベルの購入を希望している。 バンドル注文番号 「C1-AIR-K9」を入力します。この番号により、ソフトウェアをハードウェアとは別に購入できます。
既存の従来の製品番号と同等な Cisco ONE ソフトウェアを探しているが、見つからない(仮想 Cisco ワイヤレス LAN コントローラなど)。 最初にハードウェアを購入します。購入するハードウェアで動作する Cisco ONE ソフトウェア製品が存在することを確認してください。
次に、バンドル注文番号 C1-AIR-K9 を入力します。この番号では、ハードウェアと別途にソフトウェアを購入できます。

表 2:シスコ ワイヤレス ハードウェア発注情報

ハードウェア製品番号 説明
C1-AIR-CT2504-K9 Cisco ONE - 2500 シリーズ WLAN コントローラ(AP ライセンスなし)
C1-AIR-CT5508-K9 Cisco ONE - 5500 シリーズ WLAN コントローラ(AP ライセンスなし)
C1-AIR-CT5520-K9 Cisco ONE - 5520 ワイヤレス コントローラ(ラック マウント キット付き)
C1-AIR-CT8540-K9 Cisco ONE - Cisco 8540 ワイヤレス LAN コントローラ(AP ライセンスなし)
C1-AIR-CT5760-K9 Cisco ONE - 5700 シリーズ WLAN コントローラ(AP ライセンスなし)
C1-AIR-CT7510-K9 Cisco ONE - 7500 シリーズ WLAN コントローラ(AP ライセンスなし)
C1-AIR-CT8510-K9 Cisco ONE - 8500 シリーズ WLAN コントローラ(AP ライセンスなし)
C1-WSSVC-WISM2-K9 Cisco ONE - Wireless Services Module:WiSM-2(AP ライセンスなし)
C1-WSSVC-WISM2-K9= Cisco ONE - Wireless Services Module:WiSM-2(AP ライセンス スペアなし)
ONENTWK-BASE-02-05 基本バンドル 2xC2960X-24PD-L、5xAP2702I/E マルチドメイン
ONENTWK-BASE-02-10 バンドル 2xC2960X-48FPD-L、10xAP2702I マルチドメイン
ONENTWK-NGBS-10-50 基本バンドル、コントローラ、10xC2960X-24PD-L、50xAP2702I/E
ONENTWK-ADV-02-05 バンドル 2xWS-C3650-24PWD-S、5xAP3702I マルチドメイン
ONENTWK-ADV-02-10 バンドル 2xC3650X-48FWD-S、10xAP3702I マルチドメイン
ONENTWK-NGAD-10-50 UA Advance バンドル CNTRLR 10x C3850-48U/12X 48U 50xAP3702I/E
ONENTWK-PLUS-02-05 バンドル 2xWS-C3850-24U-S、5xAP3702I マルチドメイン
ONENTWK-PLUS-02-10 バンドル 2xC3850-48PW-S、10xAP3702 マルチドメイン
ONENTWK-EN-07-10 4507+2xSUP8e、2x4748-UPoE、10P バンドル
ONENTWK-ENT-10-10 4510、2xSUP8e、4x4748-UPoE、10AP バンドル

表 3:シスコ ワイヤレス ソフトウェア発注情報

注文番号 ソフトウェアの製品番号 説明 利用方法
C1-AIR-K9 C1FPAIRK9 Cisco ONE Foundation Perpetual - ワイヤレス 新規購入
C1-AIR-K9 C1APAIRK9 Cisco ONE Advanced Perpetual - ワイヤレス 新規購入
C1-AIR-K9 C1FPAIR500K9 Cisco ONE Foundation Perpetual - ワイヤレス
(>= 500 数量階層)
新規購入
C1-AIR-K9 C1APAIR500K9 Cisco ONE Advanced Perpetual - ワイヤレス
(>= 500 数量階層)
新規購入
C1-AIR-K9 CC1FPAIR1000K9 Cisco ONE Foundation Perpetual - ワイヤレス
(>= 1K 数量階層)
新規購入
C1-AIR-K9 C1APAIR1000K9 Cisco ONE Advanced Perpetual - ワイヤレス
(>= 1K 数量階層)
新規購入
C1-AIR-K9 C1FPAIRK9 Cisco ONE Foundation Perpetual - ワイヤレス Midcycle Refresh
C1-AIR-K9 C1APAIRK9 Cisco ONE Advanced Perpetual - ワイヤレス Midcycle Refresh
C1-AIR-K9 C1FPAIR500K9 Cisco ONE Foundation Perpetual - ワイヤレス(500 以上の数量階層) Midcycle Refresh
C1-AIR-K9 C1APAIR500K9 Cisco ONE Advanced Perpetual:ワイヤレス(500 以上の数量レベル) Midcycle Refresh
C1-AIR-K9 C1FPAIR1000K9 Cisco ONE Foundation Perpetual:ワイヤレス(1 K 以上の数量レベル) Midcycle Refresh
C1-AIR-K9 C1APAIR1000K9 Cisco ONE Advanced Perpetual:ワイヤレス(1 K 以上の数量レベル) Midcycle Refresh
次の Midcycle Refresh Discounted 製品番号の使用は、既存のアクセスポイント ライセンスや Cisco Prime Infrastructure ライフサイクル ライセンスの少なくとも一方を所有していることが前提条件となります。
C1-AIR-UPG C1F2UAIRK9 Cisco ONE Mid-cycle Refresh-Disc Fndn
Per-Wireless AP+PI-LF
Midcycle Refresh
Discounted
C1-AIR-UPG C1F1UAIRK9 Cisco ONE Midcycle Refresh Discounted Foundation Per-Wireless AP Midcycle Refresh 
Discounted
C1-AIR-UPG C1F2PAIRSPC1K9 Cisco ONE Fndn 8510/40,5508/20 per AP Perptl(ライセンス数量最大 500) Midcycle Refresh 
Discounted

Cisco ONE ソフトウェアとそれに関連するプラットフォームには、複数のサービス・サポート オプションが提供されています。表 4 には、発注ツールで入力するプレフィックスを示します。サポート サービスを発注する際に、適切な製品番号を検索するために使用します。

表 4:Cisco ONE ソフトウェアとそれに関連するプラットフォームのサービス オプション

サービス プログラム (ハードウェアおよび基本オペレーティング システム) Cisco ONE ソフトウェア
  8 X 5 X NBD 8 X 5 X 4 24 X 7 X 4 24 X 7 X 2 8 X 5 X NBD
オンサイト
8 X 5 X 4 
オンサイト
24 X 7 X 4
オンサイト
24 X 7 X 2
オンサイト
SWSS
Smart Net
Total Care
CON-SNT CON-SNTE CON-SNTP CON-S2P CON-OS CON-OSE CON-OSP CON-PREM CON-ECMU
Smart Net
Total Care 
(3 年間)
CON-3SNT 該当なし CON-3SNTP 該当なし 該当なし 該当なし CON-3OSP 該当なし CON-3ECMU
Partner Support Service(PSS) CON-PSUT(USC) 

CON-PSRT(ROW)
CON-PSUE CON-PSUP CON-PU2P 該当なし CON-PSOE CON-PSOP CON-PSO2 CON-PSBU
複合サービス 1.4 CON-NCDT CON-NCDE CON-NCDP CON-NCD2 CON-NCDCS CON-NCD4S CON-NCD4P CON-NCD2P CON-NCDMU
複合サービス 1.6 CON-NCFT CON-NCFE CON-NCFP CON-NCF2 CON-NCFCS CON-NCF4S CON-NCF4P CON-NCF2P CON-NCFMU
複合サービス 1.8 CON-NCHT CON-NCHE CON-NCHP CON-NCH2 CON-NCHCS CON-NCH4S CON-NCH4P CON-NCH2P CON-NCHMU
複合サービス 2.0 CON-NCJT CON-NCJE CON-NCJP CON-NCJ2 CON-NCJCS CON-NCJ4S CON-NCJ4P CON-NCJ2P CON-NCJMU

表 5:オプションのプロフェッショナル サービス エンゲージメント

サービスと製品番号 説明
ユニファイド アクセス向けシスコ モバイル ワークスペース サービス 
(Cisco ONE Wireless 向け Quick Start サービス)
  • ASF-C1-UA-MOB-F-S
  • ASF-C1-UA-MOB-F-M
  • ASF-C1-UA-MOB-F-L
(サイズに基づく:S = 小、M = 中、L = 大)
シスコの「ポリシー、ネットワーク、管理の一元化」アプローチに基づき、モバイル デバイス、モバイル アプリケーション、モバイル エンタープライズ アプリケーションでのエンタープライズ モビリティ ソリューション、個人所有デバイスの持ち込みソリューション、およびロケーションベースのサービスにより、従業員の生産性とカスタマー エクスペリエンスを向上させ、新たな収益源を創出できます。 

固定性と柔軟性を備えた基盤製品を活用することで、ビジネスおよび技術的な使用例とソリューション範囲の複雑度に基づいて、サービス パッケージを採用できます。
サービスは、最大 5 つのデバイス プロファイルについて、新規導入および既存導入のいずれの場合も、以下の導入パラメータに適応します。
  • 小:アクセス ポイント数 1 ~ 10、同時エンドポイント数 1 ~ 150、エンド ユーザ数 50
  • 中:アクセス ポイント数 11 ~ 50、同時エンドポイント数 151 ~ 1500、エンド ユーザ数 500
  • 大:アクセス ポイント数 51 ~ 100、同時エンドポイント数 1501 ~ 3000、エンド ユーザ数 1000
コネクテッド モバイル エクスペリエンス向けシスコ モビリティ サービス アプリケーション 
(Cisco ONE Wireless 向け Quick Start サービス)
  • ASF-C1-CMX-A-S
  • ASF-C1-CMX-A-M
  • ASF-C1-CMX-A-L
(サイズに基づく:S = 小、M = 中、L = 大)
モバイル デバイスとモバイル アプリケーションを使用したワイヤレス セキュリティにより、ゲストのエンゲージメントとエクスペリエンスが向上します。またコンテキスト分析とロケーション分析により、ゲストの行動を把握できます。 

固定性と柔軟性を備えたサービスにより、豊富なビジネス分析およびカスタマー エンゲージメント アプリケーションを備えた Wi-Fi ソリューションを提供できます。
サービスは、最大 5 つのデバイス プロファイルの新規および既存の両方の導入に対して、以下の導入パラメータに適応します。
  • 小:アクセス ポイント数 1 ~ 10、同時エンドポイント数 1 ~ 150、10,000 平方フィート、points of interest(zones of interest)数 5、垂直的使用例 1、エンタープライズ システム統合 0。
  • 中:アクセス ポイント数 11 ~ 50、同時エンドポイント数 151 ~ 1500、平均フィート 100,000、points of interest(zones of interest)数 15、垂直的使用例 1、エンタープライズ システム統合 0。
  • 大:アクセス ポイント数 51 ~ 100、同時エンドポイント数 1501 ~ 3000、200,000 平方フィート、points of interest(zones of interest)数 50、垂直的使用例 1 ~ 2、エンタープライズ システム統合 1。
Cisco Wireless LAN Plan and Design サービス - AS Fixed(Cisco ONE Wireless 向け Quick Start サービス) 
ASF-CORE-WLAN
Cisco Wireless LAN サービスによって、リッチメディア コラボレーションをサポートする非常にセキュアなモビリティ ネットワークの構築が可能になり、ビジネスのイノベーション、俊敏性、効率性が実現します。このサービス パッケージは、段階的にシスコ ユニファイド アクセス ソリューションを導入するお客様に適しています。


Cisco Wireless LAN サービスはアーキテクチャ型のアプローチによって、次世代ワイヤレス ネットワーク機能へのスムーズな移行を可能にします。
このサービスによる典型的な導入は、アクセス ポイント数 11 ~ 50、エンドポイント数 151 ~ 1500、最大ユーザ数 500 のようになります。
Cisco Mobility Strategy and Analysis サービス(Cisco ONE Wireless 向け Quick Start サービス) 
ASF-CORE-MOB-SA
モビリティ戦略とネットワーク アーキテクチャ戦略を調整し、関連付けることで、セキュリティ、ワイヤレス、コンプライアンス リスク、相互運用性、統合、ビジネス成果、およびユーザ エクスペリエンスの改善を図ることができます。戦略プロセスとサービス手法は、高度にインタラクティブであり、基幹業務と IT 関係者の連携が円滑になります。


このサービスにより、ビジネス分野と技術分野の使用例が構築され、モビリティと BYOD ビジネスの必須条件が評価され、テクノロジー要件とビジネス上の意義が確立されます。
成果物としては、戦略アーキテクチャやロードマップ ドキュメントなどが得られます。
Cisco Mobility Application Strategy and Analysis サービス(Cisco ONE Wireless 向け Quick Start サービス) 
ASF-CORE-MA-SA
モビリティ戦略とモビリティ アプリケーション戦略を調整し、関連付けることで、基幹業務が促進され、ビジネス成果、IT イノベーションの成果、運用成果が向上します。戦略プロセスとサービス手法は、高度にインタラクティブであり、基幹業務と IT 関係者の連携が円滑になります。


このサービスにより、機能、ユーザ、アプリケーション、エンタープライズ システム、インフラストラクチャ、および統合の要件を明確にしながら、ビジネス分野と技術分野の使用例が構築されます。

成果物としては、顧客要件や戦略プレゼンテーションなどが得られます。
Cisco ONE 向け Cisco Deployment Service(Prime Foundation) 
(Cisco ONE Prime 向け Quick Start サービス) 

ASF-C1-PRIME-F
このサービスは、エンタープライズ モビリティ戦略に必要なネットワーク管理コンポーネントを導入するための、Quick Start サービスです。このサービスにより、ネットワーク管理システム(NMS)アプリケーションの利点をすばやく実現できるようになります。このサービスは、Cisco Prime Infrastructure(Lifecycle および Assurance)の実現を加速するために使用できます。それによって、最大 1000 のデバイスの検出とモニタリングが可能になり、またお客様が設定した最大 2 つのスパン セッションを Cisco Prime vNAM でサポートできるようになります。


またこのサービスには、デバイス検出、アプリケーション使用、管理、トラブルシューティングのヒントに関するナレッジ トランスファー セッションも含まれています。
Prime Infrastructure 向けのシスコ導入サービス

ASF-ASOSS-PI-DEP
このサービスでは、エンタープライズ モビリティ戦略に必要な Cisco Prime Infrastructure(Lifecycle)の 設計とインストールが行われ、最大 1500 の有線およびワイヤレス デバイスの検出がサポートされます。


またこのサービスには、デバイス検出、アプリケーション使用、管理、トラブルシューティングのヒントに関するナレッジ トランスファー セッションも含まれています。
Cisco Energy Manager ソリューションの計画、設計、導入サービス(ASF-DCV1-CEM-PDI) Cisco Energy Manager ソリューションの計画、設計、導入サービスには、Cisco Energy Manager ソリューションの計画、インストール、設定、テストおよび知識の移転が含まれます(以下「サービス」)。  サービスは単一サイトのインストール先に制限されます。
AS-SEC-1-CNSLT 
AS-WLAN-1-CNSLT 
AS-OSS-1-CNSLT
AS-UW-1-CNSLT
お客様の環境に合わせたマイルストーンに基づく作業範囲について、カスタム エンゲージメントを利用できます。それによって、エンドツーエンドの統合モビリティ ソリューションと統合ソリューションの成果物が得られます。カスタムの最適化も利用できます。エンゲージメントの支援の詳細については、シスコの担当者にお問い合わせください。

サービスは、最大 5 つのデバイス プロファイルについて、新規導入および既存導入のいずれの場合も、以下の導入パラメータに適応します。

サイズ 製品番号 アクセス ポイント数 同時エンドポイント エンド ユーザ
小規模 ASF-C1-UA-MOB-F-S 1 ~ 10 1 ~ 50 50 社以上
ASF-C1-UA-MOB-F-S 11 ~ 50 151 ~ 1500 500
大規模 ASF-C1-UA-MOB-F-S 26 ~ 100 1501 ~ 3000 人 1000
サイズ 製品番号 アクセス ポイント数 同時エンドポイント エンド ユーザ
小規模 ASF-C1-CMX-A-S 1 ~ 10 1 ~ 50 10,000
ASF-C1-CMX-A-M 11 ~ 50 151 ~ 1500 100,000
大規模 ASF-C1-CMX-A-L 26 ~ 100 1501 ~ 3000 人 200,000
サイズ points of interest(zones of interest) 業種別使用例 インフラストラクチャ統合
小規模 5 1 ~ 150 1
10 151 ~ 1500 1
大規模 15 1501 ~ 3000 人 1 ~ 2

表 6:その他のソフトウェア要件

シスコ ソフトウェア機能 要件 発注
Cisco Prime Infrastructure Assurance and Lifecycle 基本ライセンスにより仮想マシンまたは
アプライアンスに導入された Cisco Prime Infrastructure
発注ツールにトップレベル製品番号 R-MGMT3X-N-K9 (PI 3.0) を入力して開始します。 

必須
L-MGMT3X-PI-BASE Prime Infrastructure 3.x 基本ライセンス 

R-PI30-SW-K9 Cisco Prime Infrastructure 3.0 ソフトウェア
オプション:アプライアンス:PI-UCS-APL-K9

MGMT(LF と AS)ライセンス製品番号:L-MGMT3X-<DEV>-K9(<DEV> = デバイス タイプおよびサブ タイプ L-MGMT3X-<DEV>-K99AP、2K、3K)

Identity Services Engine(ISE)ベース 仮想マシンまたはアプライアンスに導入された ISE 仮想マシン:(次のいずれかの製品番号を選択してください)
ISE- 10VM-K9=
ISE- 10VM-M-K9=
ISE-5VM-K9=
ISE-5VM-M-K9=
ISE-VM-K9=
ISE-VM-M-K9=
アプライアンス:SNS-3XXX
コネクテッド モバイル エクスペリエンス ベース C1-MSE-LS-1 には物理(MSE-33x5-K9)または仮想 MSE アプライアンスが必要です 次の場所からソフトウェアをダウンロードできます: 
https://software.cisco.com/download/type.html?mdfid=284294864&flowid=31242Cisco Mobility Services Engine(MSE)8.0(またはそれ以前)のソフトウェアを使用しているお客様は、L-MSE-7.0-K9 を購入して、仮想 MSE アプライアンスをアクティベートする必要があります。