Guest

インフラストラクチャの自動化

日常業務の自動化によって、俊敏性の向上、日常運用の簡素化、管理コストの削減が実現されます。

全世界で 52,000 以上のお客様が感じている Cisco UCS Manager のメリットについては、続きをご覧ください。

日常運用の合理化

日常運用の合理化

Cisco UCS および Cisco HyperFlex インフラストラクチャ管理を自動化し、簡素化します。(PDF - 604 KB)

機能と特長


Cisco UCS Manager は、Cisco UCS サーバと Cisco HyperFlex シリーズ ハイパーコンバージド インフラストラクチャ ポートフォリオのすべてをサポートします。これにより、サーバ、ファブリック、およびストレージのプロビジョニングと、デバイス検出、登録、設定、診断、モニタリング、障害検出、監査、および統計情報の収集が可能になります。Cisco UCS Central Software を使用することで、Cisco UCS Manager のメリットを複数ドメインの数千台ものサーバに対して、企業全体でグローバルに拡大することができます。

拡張可能なプラットフォーム

シスコのオープン プラットフォームは Infrastructure as Code に対応しています。そのため、広範な完成されたパートナー エコシステムを通して既存の管理ツールの機能を拡張できます。IT 部門は、既存のスタッフ、スキル、ツール、およびプロセスを進化させてより効率的にすることによって DevOps に移行し、TCO を削減することができます。

オープン API によって、Cisco UCS Manager と他の独立系ソフトウェア ベンダーのさまざまなツール(監視、分析、設定、導入、およびオーケストレーション ツール)を容易に統合できます。また、この API を利用することで、PowerShell や Python SDK 用の Cisco UCS PowerTool を使用したカスタム開発も容易になります。

主な特長

  • Cisco UCS B シリーズ ブレード サーバおよび C シリーズ ラック サーバ、C3260 ストレージ サーバ、Cisco UCS Mini、および Cisco HyperFlex ハイパーコンバージド インフラストラクチャをサポートします。
  • 統一されたポリシー主導型管理を使用してサーバ、ネットワーク、およびストレージ リソースをプログラムで制御するため、ソフトウェアを介して規模に応じて効率的にこれらを管理できます。
  • HTML 5、Java、または CLI グラフィカル ユーザ インターフェイスと連動します。
  • 追加または変更されたシステム コンポーネントを自動的に検出、登録、管理、およびプロビジョニングできます。
  • サードパーティ製のシステム管理ツールとの統合が容易になります。
  • 既存のスキルに基づき、ロールベース管理を通して複数の領域にまたがるコラボレーションをサポートします。

平均的な削減実績

160 件以上の導入事例を分析したところ、お客様は平均して次の削減効果を実現しています。

  • プロビジョニング時間を 83 % 短縮
  • プロジェクト実装時間を 75 % 短縮
  • 日常の運営コストおよび管理コストを 66 % 削減

どれだけのコストが削減されるかをシミュレーションできます。TCO-ROI Advisor [英語] をお試しください。

関連情報


  • 複数ドメインのCisco UCS 管理を大規模に展開できる Cisco UCS Central についてご確認ください。
  • オーケストレーションおよび統合的なインフラストラクチャの管理を実現する Cisco UCS Director の詳細情報をご覧ください。
  • Cisco UCS Platform Emulator を使用して Cisco UCS の運用をシミュレーションし、インフラストラクチャがどのように機能するかをご確認ください。

テクニカル リソース


UCS Partners

UCS パートナー

Cisco UCS 管理によって、多数の運用ツールと機能を統合できます。(PDF - 652 KB)

関連リソース


Let Us Help

サポート