Guest

データセンター向けのシスコのメモリ拡張機能を搭載

インタラクティブ 3D モデルを見る:Unified Computing System

Cisco UCS B シリーズのモデル比較

Cisco UCS B250 M2 拡張メモリ ブレード サーバは、システム条件の厳しい仮想化および大量のデータセット アプリケーションに対応するためパフォーマンスと大容量のメモリ ディスクを提供します。強化されたスループットおよび、2 ソケット x86 サーバで従来の業界標準メモリ スロットの 2 倍のスロット数を持つフル幅の 2 ソケット ブレード サーバです。

UCS B250 M2 サーバは、定評のある UCS B250 M1 サーバを基盤としており、Cisco Unified Computing System の機能を拡張します。インテルの最新の Xeon 5600 シリーズ マルチコア プロセッサを使用して、より一層改善されたパフォーマンスと効率を実現します。

概要

  • 最大 2 つの Intel Xeon 5600 シリーズ プロセッサ搭載可能。アプリケーションの負荷に応じてサーバのパフォーマンスと消費電力をインテリジェントに調整
  • 40 ナノメートル クラス(DDR3)テクノロジーをベースとした最大 384 GB メモリ搭載可能。システム条件の厳しい仮想化や大量のデータセット アプリケーションに対応、またはメモリ容量が標準的サイズの場合、汎用的メモリを利用できることで高いコスト効率を実現
  • ハードディスク 2 基を搭載可能。Small Form Factor(SFF)Serial Attached SCSI(SAS)ハード ドライブ(オプション)、RAID コントローラーは、LSI Logic 1064e コントローラおよび統合 RAID 搭載
  • 最大 40 Gbps の I/O を実現する 2 枚のデュアルポート メザニン カードを搭載可能。メザニン カード オプションは、統合ネットワーク アダプタ(Emulex または QLogic 互換)の Cisco UCS VIC M81KR 仮想インターフェイス カード、または単一の 10GB イーサネット アダプタが選択可能です。

Cisco B シリーズ ブレード サーバに搭載可能なアダプタについて、詳しくはこちらを参照ください。

1 台の Cisco UCS 5108 ブレード サーバ シャーシあたり、最大 4 台の UCS B250 M1 ブレード サーバを搭載可能です(Unified Computing System 1 システムあたり最大 160 台)。

Cisco UCS のエネルギー消費効率情報は、「シスコのトップランナー基準に対する取り組み」ページよりご参照ください。

注目のコンテンツ

ユニファイド コンピューティングの概要 (PDF - 736 KB) [英語]
Cisco Unified Computing System(Cisco UCS)は、データセンターの要件に対応する革新的なテクノロジーです。

シスコの拡張メモリに関する入門書(PDF - 300 KB) [英語]
シスコ拡張メモリ テクノロジーが、作業負荷を仮想化した場合と通常の環境の両方で、コスト効率に優れたメモリ拡張を実現します。

マルチメディアシスコ拡張メモリ テクノロジーの概要 (ビデオ - 3:29 min )[英語]
特許を取得したシスコのテクノロジーがどのようにパフォーマンスと容量を強化し、条件の厳しい仮想化や大量のデータ セットの処理に必要な作業負荷に対応するかを説明します。

Cisco Unified Computing の相互運用性ベンチマーク

サポート