Guest

ハイエンドのプロセッサをハーフシャーシ サーバで搭載し、ブレード構成の自由度アップと高密度・高性能を実現

ハーフブレード サイズに、エンタプライズ クラスのプロセッサにあたる Intel Xeon 6500 シリーズ または 7500 シリーズ プロセッサを搭載可能にすることで、シスコのサーバ プラットフォーム アーキテクチャの利点を拡大させます。2 ソケット サーバの Cisco UCS B230 M1 ブレード サーバ プラットフォームは、コンパクトなハーフ幅のフォーム ファクタで高性能と高密度を実現します。

適応力と高度な信頼性

プロセッサは、1 基または 2 基の Intel Xeon 6500 シリーズまたは 7500 シリーズ プロセッサを搭載でき、次のような高度なプラットフォーム性能を備えます。

  • 仮想化環境の多様なニーズと管理の自動的に適応
  • 基幹系やミッションクリティカルなアプリケーションに対して高度な信頼性を提供

I/O 部分は、最大 20 Gbps I/O に対応したデュアルポート メザニン カードを、サーバごとに 1 枚搭載できます。カードの選択オプションには、Cisco UCS M81KR 仮想インターフェイス カードや統合型ネットワーク アダプタ(Emulex または QLogic)も用意しております。

その他の特長:

  • 搭載メモリは、40 ナノメートル クラス(DDR3)テクノロジーをベースとした高密度・大容量のメモリーチップに対応し、32 の DIMM スロットにより、最大 256 GB(1066 MHz)のメモリ容量を提供
  • ハードディスクは、最大 2 基のホットスワップ可能な SSD ドライブを選択でき、前面から操作ができます。RAID は 0 または 1 に対応する RAID コントローラ(LSI SAS2108)を搭載
  • 管理は、標準搭載の Cisco UCS Manager によって、サーバ コンポーネント レベルからネットワーク アクセスなどをまとめて管理することができ、設定と管理工数を大幅に簡素化

1 台の Cisco UCS 5108 ブレード サーバ シャーシ(UCS B シリーズ共通のブレードシャーシ)に、最大 8 台までの B230 M1 サーバが格納できます(Cisco Unified Computing System 単位ごとに最大 320 台のサーバが管理可能)。

B230 M1 サーバ カタログ情報: UCS B230 M1 ブレード サーバ製品概要 (PDF - 326KB)

Cisco UCS B シリーズ ブレード サーバの特徴の 1 つであるユニファイドファブリックを実現する仮想インターフェイス カードと統合型ネットワーク アダプタの一覧・詳細はこちら
» 製品一覧・比較

注目のコンテンツ

Cisco Unified Computing System のデモ (ビデオ - 2:13 min)
仮想システムや非仮想システムに対するエンドツーエンドのプロビジョニングと移行サポートを通じて、シンプルかつ信頼性と安全性の高い方法で新しいサービスをより迅速に提供できるようになります。

ネットワーク インターフェイス仮想化の概要
Cisco UCS M81KR 仮想インターフェイス カードで動的な I/O 設定を行って、データセンターの柔軟性とスケーラビリティを向上できます。

Cisco Unified Computing の相互運用性ベンチマーク
Cisco Unified Computing はトップクラスのパフォーマンス ベンチマークを示します。受賞歴を誇り、お客様を成功に導きます。パフォーマンス ベンチマーク情報はこちらを参照ください。
Cisco Unified Computingは、主要なアプリケーション・仮想化・OSとの相互運用性を認定されたプラットフォームであり、データセンターの主要なシステム管理ツールとの相互運用も可能です。相互運用情報はこちらを参照ください。

サーバ仮想化のために設計されたプラットフォーム:Cisco Unified Computing System
Cisco Unified Computing System が仮想環境においての展開、管理、パフォーマンス、およびセキュリティ実装をいかにシンプルに実現するか、性能を提供をできるかの基本コンセプトを説明します

Cisco UCS 電源容量計算ツール(Power Calculator) [英語]
Cisco UCS ブレードサーバ、ラックマウントサーバ構成で確保すべき電源容量目安が計算できます。

サポート