セキュリティ

脅威中心型セキュリティ

変化するビジネス モデル、ダイナミックな脅威の状況、複雑で断片化されているセキュリティ ソリューションには、新しいセキュリティ モデルが必要です。

現在におけるセキュリティ上の最大の課題に対処するには、従来よりもシンプルでスケーラブルな脅威中心型アプローチによって、連続的な攻撃の前、途中、後にセキュリティに対応する必要があります。

攻撃のには、包括的な認識と可視化によって拡張ネットワーク上で何が起きているかを把握して、防御のためのポリシーと制御を実装できるようにする必要があります。

攻撃の途中では、マルウェアを継続的に検出してブロックする機能が必要です。

攻撃のには、侵入ポイントを特定し、範囲を確認し、脅威を封じ込め、再感染のリスクを排除し、修復を実行することで、攻撃の影響を小さくする必要があります。

シスコの脅威中心型セキュリティ モデルは、セキュリティ最大の課題に対処し、連続的な攻撃すべてを対象とし、多様な製品や独立したソリューションによって引き起こされるセキュリティのギャップや複雑さを軽減するように構築されています。

シスコの包括的なプラットフォームベースのサイバーセキュリティ ソリューション ポートフォリオには次のメリットがあります。

オープン:

次の機能があります。

  • コンテキストを使用してグローバル インテリジェンスにアクセスし、脆弱性と行動を特定
  • 巨大なユーザ コミュニティでインテリジェンスを共有して、保護を促進
  • 他のセキュリティ防御レイヤとの統合が容易

統合型:

次の機能があります。

  • ネットワーク、エンドポイント、仮想化、データセンター、モバイル、電子メール、Web を保護
  • 物理、仮想化、クラウド、サービスとして導入
  • ポリシーの一元管理、監視、分散ポリシーの適用

広範囲に展開:

次の機能があります。

  • 攻撃の前、途中、後と連続的な攻撃すべてに対処
  • 拡張ネットワーク内のすべての攻撃ベクトルに持続的なセキュリティを提供

継続的:

次の機能があります。

  • 認識を向上させて継続的に監視
  • 拡大されたネットワークのデータを集約して相関
  • 履歴の分析と攻撃に関するグローバル インテリジェンスが含まれる
  • インテリジェンスから学習して将来の攻撃に対する防御に役立てる

リソース

セキュリティ テクノロジー

2015 年シスコ年次セキュリティ レポート

攻撃を防御する側には、その計画と対策の間にギャップが生じます。攻撃者はそれを悪用し、検知されないように不正な行為を実行します。その方法についてご確認ください。

レポートをダウンロード

ケース スタディ

シスコの顧客がどのようにネットワークでシスコのセキュリティ製品を利用しているかを紹介します。

ケース スタディを読む