Mobile World Congress 会場において AT&T、シスコ、Accuris Networksキャリアグレードの自動接続 Wi-Fi サービスを提供


Mobile World Congress 会場において AT&T、シスコ、Accuris Networksキャリアグレードの自動接続 Wi-Fi サービスを提供

Wi-Fi と携帯データ通信テクノロジーの融合に向けた先駆的な導入事例

  * 当資料は、米国で発表されたニュースリリースの抄訳です。

2014年2月17日

米国シスコ(本社:カリフォルニア州サンノゼ、NASDAQ:CSCO、以下シスコ)は、Mobile World Congress 2014 の会場において、AT&T、Accuris Networks の両社と共同で、Bell Mobility、China Mobile、Korea Telecom、MEO、Mobily、NTT DOCOMO、PCCW-HKT、SK Telecom、True をはじめとするグローバルなモバイル事業者と協力し、同展示会で次世代 Wi-Fi ホットスポット ネットワークを提供します。数万人規模の来場者を対象に、Hotspot 2.0 の大規模導入が初めて実現します。

協力モバイル事業者の利用者は、会場に一歩足を踏み入れた瞬間から、最新の対応機種を使用して安全に自動認証を行い、Hotspot 2.0 対応の Wi-Fi ネットワークに接続できます。これは、バルセロナ市内で、現地のモバイル ネットワークにローミング接続するのと同じ手軽さです。

Hotspot 2.0 規格は、モバイル事業者、ネットワーク機器のベンダー、携帯機器のメーカーなど、業界全体のオープンなコラボレーションの結果として、長い期間をかけて誕生しました。この技術を利用することで、携帯データ通信のローミングと同様の、シームレスで安全性の高い認証機能を Wi-Fi でも実現できます。今回の Hotspot 2.0 は、必要な基準を満たすことが Wi-Fi Alliance の認定プロセスで認定済みであり、Wi-Fi CERTIFIED Passpoint に指定されています。

この画期的な次世代 Hotspot 2.0 公衆ネットワークを実現するために、業界を代表する 以下の3 社が共同で実施にあたります。

  1. AT&T Mobility:今回参加しているモバイル事業者を含む同社の世界中のローミング パートナーと連携して、各社のローミング契約に Wi-Fi ローミングを加えました。
  2. シスコ:Hotspot 2.0 仕様に基づく最新の Wi-Fi CERTIFIED Passpoint アクセス ポイントとコントローラのみで構成される、キャリアグレードの Wi-Fi ネットワークを提供しました。このシスコのソリューションは、ネットワーク全体にわたるインテリジェントな自己設定、自己最適化、自己修復機能を特長としており、Wi-Fi 上で自己最適化ネットワーク(SON)の優れたパフォーマンスを提供します。
  3. Accuris Networks:Mobile World Congress のユーザが安全かつ自動的に Wi-Fi ネットワークに接続できるようにするため、携帯データ通信と Wi-Fi 間の接続機能を提供しました。面倒なパスワードを入力する必要がなく、ポップアップも表示されません。認証や請求処理は、携帯データ通信のように背後で SIM カードにより管理されます。

AT&T Mobility 、提携連合担当副社長兼 Wireless Broadband Alliance(WBA)議長、 JR ウィルソン(JR Wilson)氏は次のように述べています。
「Wi-Fi と携帯データ通信の世界の統合が進むと、次は当然、共通の認証メカニズムと標準のローミング契約が必要になります。AT&T Mobility、WBA、その他の WBA パートナーは、当初より Hotspot 2.0 と次世代 Hotspot の開発に関与してきました。Mobile World Congress での Hotspot 2.0 の実演は、グローバルな導入に向けた業界としての大きな一歩となります」

シスコ、モビリティ担当副社長兼 CTO 、ボブ・フライデー(Bob Friday)は次のように述べています。
「シスコは数年前よりこの取り組みを進めています。今回、携帯データ通信と同レベルのユーザ エクスペリエンスを Wi-Fi で実現できる展望を示せることをうれしく思います。現在、複数のモバイル デバイス メーカーが Hotspot 2.0 に対応しており、モバイル ネットワーク事業者はローミング契約を準備して Hotspot 2.0 をまさに採用しつつあります。Mobile World Congress で提供するネットワークは、Wi-Fi と携帯データ通信ネットワークがまるで 1 つのモバイル インターネット ネットワークのようにシームレスに機能する近未来を一足先に来場者に体験してもらうのに絶好の場所です。これはモビリティの進化の歴史の中で重大な節目となります」

Accuris Networks、CEO、ラリー・クイン(Larry Quinn)氏は次のように述べています。
「Accuris Networks の AccuROAM ソリューションは、Wi-Fi ネットワークをちょうど GSM や携帯データ通信ネットワークの延長のように利用し、オフロード、ローミング、請求、認証を処理します。昨年の Mobile World Congress では、当社の AccuROAM ソリューションが「Best Mobile Technology Breakthrough(最優秀モバイル テクノロジー ブレークスルー)賞」を受賞しました。今年はこのテクノロジーのメリットを Mobile World Congress の来場者に体験していただけることを、たいへんうれしく思います。Hotspot 2.0 Wi-Fi と携帯データ通信ネットワークを完全に統合し、シームレスなユーザ エクスペリエンスを実現するために、AT&T、シスコ、Accuris Networks のチームは現在バルセロナで鋭意準備中です」

Hotspot 2.0 は、新たなモバイル ネットワークの始まりにすぎません。ユーザが携帯データ通信と同じくらい簡単に、また安全に Wi-Fi ネットワークにローミングできるようになれば、事業者は室内の位置情報や室内のスモール セルから得られる独自の分析結果を利用して、新しいサービスを提供できるようになります。

AT&T について

AT&T Inc.(NYSE:T)は世界有数の通信事業の持株会社で、世界中で最も高い評価を受けている企業の 一つです。同社の子会社および関連会社である AT&T の各事業会社は、米国と世界各国で AT&T サービスを提供しています。AT&T は、米国内最速の 4G LTE ネットワークをはじめとする数々の強力なネットワーク リソースを保有し、ワイヤレス、Wi-Fi、高速インターネット、音声、クラウド型サービスなどを提供する世界有数のプロバイダーです。AT&T はまた、モバイル インターネットのリーダーとして、米国の通信事業者では最大の国際的なワイヤレス通信カバレッジを誇り、 ほとんどの国で利用できる携帯電話機を最も多く提供しています。さらに、AT&T U-verse® ブランドで高度な TV サービスも提供しています。同社が提供する IP ベースの一連のビジネス通信サービスは、世界で最も高度なサービスの 1 つです。

AT&T Inc. の詳細について、および AT&T の子会社ならびに関連会社が提供する製品やサービスの詳細については、http://www.att.com/aboutus をご参照ください。また Twitter の @ATT、Facebook(http://www.facebook.com/att)、YouTube(http://www.youtube.com/att)でもニュースをご覧いただけます。

Accuris Networks について

Accuris Networks は次世代 Wi-Fi オフロードおよびローミング ソリューションのイノベータです。同社のモバイル コンバージェンス プラットフォームである AccuROAM™ は、3GPP AAA サーバ、スマートフォン クライアント ソフトウェア、ポリシーと請求の統合を組み合わせることにより、データ、音声、メッセージングでシームレスかつ安全なユーザ エクスペリエンスを提供します。AccuROAM は Mobile World Congress 2013 で「Best Mobile Technology Breakthrough(最優秀モバイル テクノロジー ブレークスルー)賞」を受賞しました。このプラットフォームでは、オフロード、請求、認証において、Wi-Fi ネットワークを GSM や携帯データ通信ネットワークの延長であるかのように利用できます。安全な認証とモビリティ管理を可能にする AccuROAM プラットフォームは、通信プロバイダーにより導入が進められており、導入後は、WISPr、802.1x、Hotspot 2.0 をはじめとするすべての Wi-Fi テクノロジーで利用者を自動的に接続および管理できるようになります。現在、Accuris Networks は AT&T、Mobily、China Mobile International、Bell Mobility、Gogo、Maxis など、トップクラスのグローバル企業と協力しています。詳細については、Accuris Networks の Web サイトwww.accuris-networks.comをご参照ください。

シスコシステムズ合同会社について

シスコシステムズ合同会社は、米国シスコ(NASDAQ:CSCO)の日本法人です。シスコは、ビジネスの基盤となるインテリジェントなネットワーキングソリューションから、音声、映像、データ、ストレージ、セキュリティ、エンターテイメントをはじめとする新しい分野、そして、人々の仕事や生活、娯楽、学習のあり方を一変させることのできるネットワーク プラットフォームの提案を目指しています。 シスコの会社概要・詳細は以下のWebサイトでご参照頂けます。
<http://www.cisco.com/jp>

# # #

*Cisco およびシスコ ロゴは、シスコまたはその関連会社の米国およびその他の国における商標です。シスコの商標の一覧については、http://www.cisco.com/web/JP/trademark_statement.htmlをご覧ください。記載されているサードパーティの商標は、それぞれの所有者に帰属します。「パートナー」または「partner」という用語の使用は Cisco と他社との間のパートナーシップ関係を意味するものではありません。(1305R)

**当資料は、2014年2月17日に米国で発表されたニュースリリースの抄訳です。
<AT&T, Cisco and Accuris Networks Deliver Automatic Carrier-Grade Wi-Fi for Visitors to Mobile World Congress>