Cisco Start シリーズ導入事例

前橋市教育委員会

市内 71 校すべてのワイヤレス LAN をCisco Start 文教セレクションで構築 前橋市教育委員会

Why Cisco?


シスコというブランドには信頼感があり、業務用製品としての実績も評価しました。
前橋市教育委員会事務局 学校教育課 指導係 指導主事 黛 正人 氏
性能、品質、そして技術サポートの面で、シスコ以外の選択肢はないと考えました。
三井情報株式会社 通信・産業営業本部 情報通信第一営業部 岡田 泰成 氏

群馬県前橋市は、「教育のまち」として地域全体で子どもの教育に熱心に取り組んでいます。独自に定めている「まえばし学校教育充実指針」では「多様な人と協働しながら、主体的、創造的に活動する子ども」を目指す子ども像と設定し、そのための基盤となる学校文化づくりや環境整備を積極的に行っています。情報教育の面でも、1997 年頃から前橋市教育情報ネットワーク(MENET)を構築し、地域のボランティア団体と協力しながら小中学校の校内 LAN(情報コンセント)やインターネット環境を他の自治体に先駆けて整備してきました。


課題

前橋市では、市内の小中学校および特別支援学校 全 71 校(分校 2 校を含む)で、授業の質の向上などを目的としたタブレット PC(以下タブレット)の導入を 2013 年(平成 25 年)から 2015 年(平成 27 年)にかけて行いました。この時点では移動式のアクセス ポイントをその都度教室に持ち込んで準備する必要があり、同時に接続できる端末数も少なかったため、授業での利用は限定的でした。そこで、活用モデル校となっていた 2 校に対し、2015 年に校内全域ワイヤレス  LAN 環境を構築し、どの教室でもすぐにタブレットを利用できるようにした結果、大幅な活用促進につながりました。


前橋市教育委員会事務局 学校教育課 指導係 指導主事の黛正人氏、同指導主事の今泉洋一氏は次のように話します。


「モデル校では、ワイヤレス LAN の整備によってデジタル教科書が活用しやすくなり、視覚的にもわかりやすい授業が実現できるようになりました。また、児童生徒がタブレットを使って自分の考えを発表するなど、主体的に活動する姿が自然にみられるようになりました。さらに、教員も授業における教材提示などの工夫の幅が広がったり、事前の準備の負担が軽減されていたりしています。この効果を全校に広げていくために、モデル校の成果を基にしてワイヤレス LAN 環境を整備することにしたのです。」


前橋市では、当初は数年かけて 71 校へ展開していくことを検討していましたが、最終的に 2016 年(平成 28 年)中に構築を終えて運用をスタートさせるという大きな決断をしました。その理由を次のように話します。


「整備に数年かかると、学校間、児童生徒の間で格差が生じてしまうことが懸念されていました。例えば整備に 3 年かかった場合、中学校では新しい環境の恩恵を得られないまま卒業する生徒が出てしまいます。そうした格差をなくすには短期間で展開する必要があると考え、懸念もありましたが、教育委員会の総意として全校一斉整備に踏み切りました。」


ソリューション

前橋市では、将来的に児童生徒 1 人ひとりがタブレットを利用する状況も見据えて、高品質なワイヤレス LAN の構築に取り組みました。多数の児童生徒が同時にアクセスした場合でも全員が同じように利用できる、安定かつ高速な環境を実現するため、Cisco Start 文教セレクションとしてラインナップされているワイヤレス LAN アクセス ポイントとネットワーク スイッチを採用しました。また、多数のアクセス ポイントを一元的に管理するワイヤレス コントローラと Cisco Prime Infrastructure(PI)をデータセンターに導入しています。


黛氏は次のように話します。


「各社の製品を検討しましたが、安定性や信頼性を重視するので、業務用製品として実績があることも踏まえています。シスコというブランドには信頼感がありました。導入するアクセス ポイントの台数が多いので集中管理の仕組みは必須で、1,000 台規模の集中管理の実績という点でもシスコは強いと思いました。実際に導入する機器で検証を行い、判定基準値をクリアした機器を選定しています。カタログ スペックだけの提案や判断ではなく、導入後にしっかり使える環境を目指し、失敗しないようにしたかったのです。」


今回、前橋市への提案とネットワークの設計を担当した三井情報株式会社の岡田泰成氏は、Cisco Start 文教セレクションを提案した理由を次のように話します。


「クラスの児童生徒全員でタブレットを活用して授業を行うには、数人が接続できなかったり動作が遅くなったりといったことを避けなければなりません。全員が平等に利用できるインフラは必須要件なので、アクセス ポイントの品質と性能は重視しました。また、自治体内の学校間格差をなくすために短期間で一斉導入する必要があったので、学校向け ICT 環境整備の豊富な実績を持つ株式会社内田洋行との連携に加え、技術サポートが優れたベンダーとしてシスコ以外の選択肢はないと考えました。」


各校のワイヤレス LAN 環境は 2016 年 10 月から運用を始めており、現在は、整備済みだった各校あたり 41 台の学習用タブレットに加え、普通学級数+1 台の指導者用のタブレットを授業で活用しています。導入校の 1 つ、前橋市立芳賀中学校 校長の中西孝雄氏は、新たに整備されたワイヤレス LAN の印象を次のように話します。


「以前はタブレットやワイヤレス LAN を無理して使っている感じで、教員もあれこれ試しながらハードルを越えているところがありました。今回整備された環境は本当に使えるものとして実現されていて、教員も生徒も違和感なく受け入れ、電気や暖房と同じようにごく自然に使っていると思います。」


前橋市立芳賀中学校 情報教育主任の海野拓朗氏も、まったく問題なく利用できる環境が整ったと話します。


「これまでは、どうしてもスムーズに動かないというイメージが強かったのですが、今回導入されたものは大人数で利用するのも非常にスムーズです。つながりが悪いとか、速度が出ないということもありません。端末を教室に持っていけばすぐ使えますし、生徒の反応も良いので稼働率が高いです。生徒たちも授業でタブレットとワイヤレス LAN を活用することに特別な意識を持たず、1 つの教具として自然に受け入れていると思います。」


結果~今後

市内 71 校で高品質なワイヤレス LAN 環境を整備し、今後のタブレットなどの増加や拡張にも十分対応できるインフラを実現できたことを前橋市では高く評価しています。今泉氏は、この環境を活かして教員の授業力と児童生徒の学習効果の向上を図っていきたいと話します。


「今は主体的に学ぶ意欲や思考力、判断力、表現力などを全部まとめて学力と捉えています。その学力を児童生徒が主体的に高めていけるようにする良い道具の 1 つとして、今回整備したインフラや ICT の活用を図っていきます。次期学習指導要領で示された「主体的、対話的で深い学び」の実現を見据えて全市的に取り組み、こちらからも積極的に使い方を紹介していきたいと考えています。新たに選定したモデル校での活用事例を授業として公開し、それをまた各校に広めていくことも検討しています。」


ネットワーク構成
※画像をクリックすると、大きな画面で表示されますpopup_icon


その他の詳細情報

Cisco Start 文教セレクションの詳細は、http://www.cisco.com/c/m/ja_jp/solutions/cisco-start/education.html を参照してください。

メディアの選択

製品 & サービス

  • Cisco Start 文教セレクション
    Cisco Aironet 1700 シリーズ アクセス ポイント
    Cisco Catalyst 3650 シリーズ スイッチ
  • Cisco 8500 シリーズ ワイヤレス コントローラ
  • Cisco Prime Infrastructure(PI)
  • Cisco 891FJ サービス統合型ルータ

課題

  • 市内の小中学校および特別支援学校 71 校を対象に授業で活用するためのワイヤレス LAN 環境を整備
  • 多数のタブレットからのアクセスでも接続性、安定性、通信速度が損なわれない高品質なインフラが必要

ソリューション

  • Cisco Start 文教セレクションのワイヤレス LAN アクセス ポイントとネットワーク スイッチを採用し、高品質なインフラを全校で構築
  • Cisco ワイヤレス コントローラと Cisco Prime Infrastructure をデータセンターへ導入し、1,000 台以上のアクセス ポイントを集中管理する仕組みを構築

結果~今後

  • すべての学校で安定して利用できる高品質なワイヤレス LAN を実現
  • インフラが整ったことでタブレット PC などの ICT 活用が促進
前橋市教育委員会事務局学校教育課 指導係指導主事黛 正人様

前橋市教育委員会事務局
学校教育課 指導係
指導主事
黛 正人様

前橋市教育委員会事務局学校教育課 指導係指導主事今泉 洋一様

前橋市教育委員会事務局
学校教育課 指導係
指導主事
今泉 洋一様

前橋市立芳賀中学校校長中西 孝雄様

前橋市立芳賀中学校
校長
中西 孝雄様

前橋市立芳賀中学校情報教育主任海野 拓朗様

前橋市立芳賀中学校
情報教育主任
海野 拓朗様

前橋市(前橋市教育委員会)

前橋市(前橋市教育委員会)
所在地: 群馬県前橋市大手町 2-12-1
規模: 人口 338,616 人 (男 165,614 人、女 173,002 人)
世帯数 145,395 世帯(平成 29 年 2 月 28 日時点)
URL: http://www.city.maebashi.
gunma.jp/