Interview - 社員の仕事と暮らし、健康を支える新オフィスで情報共有の基盤を強化 楽天株式会社

Interview
キャパシティの枯渇を根本的に解消
ビジネスのスピードを維持する高品質インフラへ
「ネットワークに接続するデバイスの数はここ数年で大きく増加し、各自が使うデバイスもノート PC、スマートフォン、タブレット端末と多様化しました。かつてはデスクトップ PC 主体だった仕事の仕方は大きく変わり、ワイヤレス LAN の重要性は高まっています。前のオフィスではアクセス ポイントを都度増設したりして何とか持ちこたえていましたが、根本的な解決が必要になっていたのです。」(佐藤氏)
「社員からの問い合わせ(苦情)で非常に多かったのが、接続が突然切れてしまうことでした。人数の増加もありますが、ノート PC やモバイル デバイスの利用増加が大きな要因で、最初から適切に設計されていない環境でアクセス ポイントを増設していくのは困難でした。新オフィスの楽天クリムゾンハウスでは『ワイヤレス ファースト』というコンセプトを掲げて、キャパシティの枯渇が絶対に起こらないようにすることを第一に設計しています。
非常に広いフロアで電波状態の品質を維持強化するのはとてもハードルが高かったですが、移転から数ヵ月をかけて安定した状態を実現してきました。ワイヤレス LAN に関する苦情は、昨年末を機にほぼゼロという状況です。」(堀内氏)
「オフィスの中には一部有線 LAN を残しているところもありますが、今回ほぼワイヤレス化しました。今後も社員やデバイスが増えていくことを見越して、設計上ではかなり余裕を持たせています。」(佐藤氏)
「シスコはスイッチ、認証、ワイヤレスなどネットワーク基盤に必要な製品を一括して提供してもらえるという一貫性の点で評価が高く、全面的に採用となりました。コスト面でも良いご提案をいただけたと思っています。」(堀内氏)
佐藤 ニール 様 楽天株式会社
執行役員
グローバルオペレーション部
ジェネラルマネージャー
コーポレート情報技術部
ヴァイスジェネラルマネージャー
楽天株式会社
執行役員
グローバルオペレーション部
ジェネラルマネージャー
コーポレート情報技術部
ヴァイスジェネラルマネージャー
佐藤 ニール 様
すべてのことが新しいチャレンジで、コンセプトも斬新。今までの領域を超える大きなプロジェクトでした。
将来の可能性を考慮して機能を拡張より柔軟で効率的な運用管理を目指す
「従来から Cisco Secure Access Control System(ACS)を使っています。そこに、より細かなアクセス制御をスイッチ上で実装するなど将来の可能性を考慮して Cisco Identity Services Engine(ISE)を追加しました。現在は社員のアクセス制御をファイアウォールとアクセス コントロール リスト(ACL)で行っていますが、社員が異動したときなどにルールや ACL を都度更新する必要があるので、今後は社員がどこからネットワークにアクセスしても同じようにルールを適用できる仕組みを整えたいと考えています。金融系のグループ会社などでは、そのニーズは非常に多いですね。
ネットワーク全体の運用管理では Cisco Prime Infrastructure(PI)に加えて、Cisco Mobility Services Engine(MSE)を新たに導入しています。PCI DSS(Payment Card Industry Data Security Standard) やセキュリティの監査に関するオペレーションが大幅に減り、省力化を実現しました。」(堀内氏)
使うのは簡単、管理も容易とメリットを実感IX シリーズの使い心地は別格
「新しいオフィスでは『どの会議室にビデオ会議システムを入れるか?』ではなく、すべての会議室に入れることを前提にして『この部屋に最適なビデオ会議システム(製品)はどれか?』というアプローチを採っています。これまでとは方針を大きく変えてゼロベースで検討し、より良いエクスペリエンスを提供したいと考えて、イマーシブ型の Cisco TelePresence IX シリーズの導入にも踏み切りました。IX シリーズがある会議室は利用率が高く、画質、音質だけでなく、今までのビデオ会議のイメージとは根本的に違うものだと社員も注目しています。
IX シリーズは以前利用していた TX シリーズよりもネットワーク帯域への負担が少なく、消費電力も低いです。メンテナンスや管理も楽になっています。タッチパネルによる操作はとても簡単で、利用者にとっても大きな改善がなされていると感じます。簡単に使えて、簡単に管理できるのはとても大事なことです。」(プラモッシュ氏)
「シスコを選んだのは、これまでの実績が大きいですね。以前のオフィスでも使っていて、その資産を有効に活かしたいと考えたこと、またサポート体制や製品のクオリティを含めたトータルな観点で優れていると判断しました。」(佐藤氏)
「朝会の映像と音声を各拠点へ配信するときはシスコ コラボレーション ソリューションが活躍しています。インフラは本当に安定していて、接続が切れたことはありません。Cisco TelePresence のほかに、補完する仕組みとして Cisco Jabberを使っています。これは複雑なルーム レイアウトやオーディオ コントロールが必要なことを踏まえたものです。今は誰でもどこからでも朝会に参加できる仕組みを整えているので、オフィスにいないと参加できない、という課題は解決することができています。」(プラモッシュ氏)
プラモッシュ バスネット 様 楽天株式会社コーポレート情報技術部インフラストラクチャー課グローバルコミュニケーショングループヴァイスマネージャー
楽天株式会社
コーポレート情報技術部
インフラストラクチャー課
グローバルコミュニケーショングループ
ヴァイスマネージャー
プラモッシュ バスネット 様
これまでのサイロのようなシステム構成を解消して「本物」のグローバルなインフラの完成を目指しています。
堀内 克昌 様 楽天株式会社コーポレート情報技術部インフラストラクチャー課グローバルネットワークグループマネージャー
楽天株式会社
コーポレート情報技術部
インフラストラクチャー課
グローバルネットワークグループ
マネージャー
堀内 克昌 様
さらに社員、デバイスが増えてもネットワークのキャパシティは大丈夫です。
10G ベースの余裕あるネットワーク基盤を構築日々の安定運用を保つことは地味ながらも重要なポイント
「楽天クリムゾンハウスのネットワーク基盤は、フロアとコア スイッチの間をはじめ主要な経路はすべて 10G で構築しています。データセンターとの回線も 10G で冗長化していて、今はかなり余裕を持って使っている状況です。ビデオ会議システムがすべての会議室に入り、ワイヤレス LAN も強化しましたがネットワーク帯域の枯渇といった問題は起こっておらず、以前のオフィスで課題となっていたことはほぼ解決できています。
社内のネットワークは大きく分けて 2 系統あり、1 つはイントラネット、もう 1 つは社外(インターネット)アクセス用です。イントラネットは会社で支給した端末だけが接続できます。社外アクセスは Cisco ISE の仕組みを利用して、持ち込みデバイスの接続も行えます。持ち込みデバイスによるイントラネット(社内リソース)
の利用は、セキュリティ ポリシーとの兼ね合いもあるので今後の検討材料です。」(堀内氏)
「基本的な仕様に関しては特に問題なく、新しいオフィスのコンセプトを忠実に再現できたのではないかと思っています。日々のオペレーションの中で気づく課題はいろいろとありますが、それらを 1 つ 1 つ確実に解決して安定運用を保つことが大切です。社員がいつでも安心してネットワークを利用できるようにしていく運用改善は、地味ですがとても重要なことなのです。」(佐藤氏)